no26 プリント無料ダウンロード15枚☆○○を鍛えると脳がレベルUP【漢字まちがい探し】

間違い探し学習プリント無料ダウンロード 未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

間違い探し無料ダウンロード

クリックでジップファイルがダウンロードされます✨
たくさんチャレンジしてくださいね☆ 答えは付いていませんm(__)m💦

ざらし
ざらし

上記の間違い探しプリントが15枚入った
ファイルがダウンロードされます

間違い探しの達人になるための秘訣

こんにちは!今日は間違い探しの達人になるための秘訣をお伝えします。
間違い探しは、一見すると単純なゲームのように思えますが、
実はその背後には深い洞察力と集中力が必要とされます。
それでは、間違い探しが苦手な人と得意な人の違い、そして得意になるためにはどうしたらいいのか、そのメリットについて見ていきましょう。

1. 間違い探しが苦手な人と得意な人の違い

間違い探しの達人と初心者の最大の違いは、「視点」にあります。
初心者は画像全体を見てしまいがちですが、
達人は一部分に焦点を当て、細部まで注意深く観察します。
これにより、達人は見落としがちな細かい違いも見つけることができます。

2. 間違い探しを得意にするための方法

間違い探しを得意にするための最良の方法は、「練習」です。
しかし、ただ漫然と練習するのではなく、自分の視点を訓練することが重要です。
具体的には、一部分に焦点を当て、細部まで注意深く観察することを心がけましょう。
また、休息も大切です。疲れていると、集中力が落ち、見落としが増えてしまいます。

  • 間違い探しは、脳のワーキングメモリ(作業記憶)を鍛える効果があり、
    ワーキングメモリとは、何らかの知的な作業をするために、
    外部からの情報や記憶を一時的に記憶すること。
  • 得意な人は、一部分に焦点を当てることで、その部分の情報をワーキングメモリに貼り付け、
    もう一方の画像と比較します。
    ワーキングメモリを効率的に使うことで、間違いを見つけやすくなるんです。
  • 苦手な人は、画像全体を見てしまうことで、ワーキングメモリに負担をかけます。
    また、画像全体を見ると、細かい違いが目に入りにくくなります。
    このように、ワーキングメモリを無駄に使うことで、間違いを見逃しやすくなります。
  • 一度にたくさんの情報を視界に入れる「引き」の視点と、
    細部に注目する「寄り」の視点を使い分けることが必要です。
  • 得意な人は、画像全体を俯瞰して「引き」の視点で見ることで、大きな違いやパターンを見つけます。そして、違いがありそうな部分に「寄り」の視点で見ることで、細かい違いを見つけられる。
    視点を切り替えることで、間違いを見つけやすくなります。
  • 苦手な人は、画像全体を「寄り」の視点で見ることで、細部にばかり目がいきます。
    また、画像全体を「引き」の視点で見ることで、大きな違いやパターンを見逃します。
    このように、視点を固定することで、間違いを見逃しやすくなります。

3. 間違い探しを得意にするメリット

間違い探しを得意にすると、日常生活でもその恩恵を受けることができます。例えば、注意力や集中力が向上することで、仕事や学習にもポジティブな影響を与えます。また、間違い探しは脳の活性化にもつながり、健康にも良いと言われています。


以上、間違い探しの達人になるための秘訣をお伝えしました。間違い探しは、楽しみながら脳を鍛えることができる素晴らしいゲーム。ぜひ、この記事を参考に、自分の視点を訓練してみてください。
脳のワーキングメモリや視点の切り替えを鍛えることで、学習や日常生活に役立つ力を高めることができます。ぜひ、間違い探しに挑戦してみてくださいね。😊

動画で遊ぼう!間違い探し

動画でも脳トレ出来ます✨
👇ここから遊んでね

https://www.youtube.com/channel/UC2Dic9OQrYHH_wMX4Wd95DQ
にほんブログ村 健康ブログ 脳トレへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました